MENU

ローンカードとキャッシングカードの利用を比較すると金利が明らかに違うのです

銀行のローンカードと消費者金融のキャッシングカード、ちょっと紛らわしいですよね。
ローンカードもキャッシングカードも、同じような印象があり、混同されやすいです。どちらもお金を借りるためのカードであることには変わりはないですが、借りる機関が違うと呼び名が変わってきます。

 

キャッシングカードは消費者金融のキャッシングをするためのカードです。それ以外の金融機関(銀行を含めた)のローンサービスを受けるカードのことをローンカードと呼びます。
特に銀行のローンカードは、消費者金融からの借り入れに抵抗があり、利用したくないという人には、とても重宝されています。しかも、キャッシングカードと比較すると、明らかに金利が安いことも人気の一つです。具体的には、銀行のカードローンは金利の平均水準が3%から15%程度と言われています。しかし、消費者金融では5%〜18%程度とっています。(参照元:自動契約機を徹底比較!申込→審査→借入までの使い方

 

また同じカードの中でもクレジットカードがあります。こちらにも同じようにキャッシング機能が付いていてお金を借りることができますが、上記の二つと比較して違うのは、ショッピング機能が付いているところです。これは上の二つのカードにはない機能ですが、逆にクレジットカードのキャッシング機能は利用頻度が低いようです。また、ショッピングローンでは翌月の一括払いをすれば、一切利子を払う必要はありませんが、キャッシングローンの場合には1日目から利子が発生するので、注意が必要です。

ローンカードとクレジットカードの違いはなんですか?

一口にカードと言ってもいろいろありますよね。
例えば、ポイントカード。これは、お買い物などをした時に、このカードを持っていると買い物をした分、ポイントが貯まって、次の買い物の際にポイント分、割引されたりします。最近ではイオンカードやPONTAカード、TUTAYAカードのように、電子マネー化されたポイントが他店での買い物に適応できたり、現金化で来たりすることもあります。

 

それから、銀行のカードになると、一番オーソドックスなのは、キャッシュカードですよね。これは普通口座をATMでの利用する際に必要なカードで、口座を開くともらえるカードです。
そして、最近では銀行のローンカードというものがあります。このローンカードは機能的には消費者金融のキャッシングカードと同じ機能で、銀行からの融資をATMから引き出せるカードです。ローンカードには、キャッシュカードと一緒になっているタイプと、ローンカードのみで発行されるタイプがあります。

 

また、クレジットカードというものもあります。このクレジットカードにはショッピングローンとキャッシングローン機能が付いています。ローンカードと大きな違いはショッピングローンが利用できるところです。クレジットカードにもキャッシングの機能は付いていますが、あまり利用されることはないようです。ちなみに、このクレジットカードのキャッシング機能は海外で活躍します。海外でも多くのATMでも利用でき、しかも現地通貨をそのまま引き出せるので、両替所を探すより簡単に現地通貨がゲットできます。

ローンカードと消費者金融のキャッシングカードは違いは何?

カードと名のつくものにはいろいろありますね。中でも、ちょっと紛らわしいのが、銀行のローンカードと消費者金融のキャッシングカードです。印象として、同じようなものがありませんか?どちらもお金を借りるためのカードだろうという予想は付くと思います。

 

この二つの大きな違いは、借りる機関が違うということです。
キャッシングカードは消費者金融からお金を借りる際にATMを利用してお金を引き出しますよね。そのために発行されたカードがキャッシングカードです。(銀行の普通口座を利用するためのキャッシュカードではありません)

 

それに対して、同じようなサービスを、銀行以外の金融機関から受けたいと思っている方々を対象とした、ローンサービスを利用するためのカード、それがローンカードです。
そして、近年人気なのが、銀行のカードローンです。このカードローンは、消費者金融のキャッシングと比べると金利が安いことが特徴です。さらには、総量規制の対象から外れるため、高額の融資限度額が可能なものもあるので、まとまったお金が必要な特にはかなり重宝します。

 

消費者金融のキャッシングの審査はかなり速く、業界最短時間はなんと30分。それに対して、銀行のカードローンでは2日程度は掛かるようです。申し込んだ日が週末や祝前日のような場合には、1週間程度は覚悟してください。また、銀行のカードローンに関しては、申し込み条件があったり、審査が非常に厳しい傾向にあるようですので、ご注意ください。